あたまのかたすみ

あたまのかたすみにうかぶことを書いておく場所

ぼーっとしよう

意識して、ぼーっ としようって。

 

熱出して(二日酔いかもしれないが)倒れて仕事できなかった月曜日の11/22、そして勤労感謝の日のお休み11/23火曜、そして、11/24(水)に仕事を開始すると、メールがめっちゃ溜まっている。そりゃそうだ。

だがしかし11/24は実は私の誕生日である。祝ってくれるのは家族とgoogleアシスタントのみだが・・・ケーキはいつ買おうかな。食べるタイミングがないぞ。

 

メールは鬼のようにたまっているが、それをすぐにこなさないといけない、という気分にいまいちならず、これは頭の中に滓(おり)のようにやること/やらなきゃいけないこと/やりたいことが溜まってて、パンパンになってしまっているなという感覚。

やろうとして、急に頭を働かすと、滓がふわーっと頭の中を漂って、明瞭だった部分まで、よどんで使い物にならなくなるような。

そーっと、そーっと上澄みを使わないと…、という感じ。

 

ああ、なんかようやく今の状態が言語化できた。

なので、ぼーっとする時間が必要なのよ。滓がそこにたまるのを待つ時間。

ぼーっとをあえて意識して取らないといけないぞという感じになってきた。睡眠時間はかなりしっかりとっているんだけど、寝るのとは違う「ぼーっとする時間」

 

いま、日中のひどいときは会社のPC開いて(仕事)、その手前に私物のPCを開いて(このブログとか)、手元では編み物しつつ(趣味)、空き時間にTEDを聞いて、さらに私物PC閉じたらノート開いて英語(勉強)、気が向いたらラジオ聞いたり(情報収集?)ってやっていて、手も頭もいくつあるんじゃいという状況で。

その間に、学童でやらなきゃいけない仕事や、提出期限のプリント、子どもの虫歯チェックをとか、クリスマス会の出席届出さなきゃとか、ああ今日は絵具セットがいるはずなのに長男は忘れたなとか、図書館の本を返さなきゃとか、

あれこれあれこれ

 

そのたびに頭の中がよどむ。

そりゃそうだ、こんなにいっぱい何でもかんでもやってたら。頭が休まる隙間が一切ないもの。

前は…、そうか、通勤時間に頭を休めていたのかな。ネットサーフィンしていることが多かったけど、それほど集中してみているわけではなく、ぼーっとしながら今日のご飯なに作ろうとか、これ食べてみたいなぁとか、ここ行ってみたい、こういうことしてみたいをぼーっと考えたり、

たまに疲れたら、ほんの10分程度のうたたねをしたり、外の景色を眺めたり…

 

ああ、失われし通勤時間よ。ぼーっとする時間としては、役立っていたんだな。

でも失われた。
会社はコロナの間に引っ越しちゃって、フロアが狭くなり全員座れる席はなく、席もサブディスプレイがないから、ディスプレイ2台つなぎ+でやっている自分の家より効率が悪くなるし、何なら仕事の合間に編み物したり、英語勉強したり、本読んだりしながらの仕事ができなくなるので行きたくない(それがぼーっとできない理由だってば)

 

意識してぼーっとしよう。